<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ツマグロヒョウモンのオス

ツマグロヒョウモンのオス

先日遭遇したツマグロヒョウモンのメスですが,今回はオスらしきものに遭遇することができました。
昆虫に関しては門外漢ですので間違っていましたら是非ご指摘ください。
オレンジの色が鮮やかで目立つチョウです。
動物の世界ではオスのほうが派手な場合が多いですが,このツマグロヒョウモンはメスのほうが派手なのはどのような意味があるのでしょうか。

地味な裏側

ツマグロヒョウモンの幼虫の食草はスミレ類だそうです。
今度はこの幼虫にも会ってみたいです。
本来ツマグロヒョウモンは西日本に生息するチョウで,関東地方まで進出してきたのは最近のことのようです。
ツマグロヒョウモンについて調べていたところ,今年は岩手県でも確認されたということでどんどん北上しているようです。
これは温暖化も考えれられますが,流通の影響もあると思います。
クマゼミが関東に定着したのは苗木の用土に幼虫が混入していたのが原因だと言われています。
このツマグロヒョウモンにも同じことは考えられないでしょうか。
西日本で生産したパンジーの苗に卵がついたまま輸送されれば,各地で幼虫が育つことは可能です。
今後はペアができて産卵,越冬できるかが問題です。
今後関東地方にも定着し,パンジーの食害に悩むようになるのでしょうか。

チョウがとまっている花はヒャクニチソウです。
7月に開花して現在まで咲き続けています。

コメント
◇ふぉるまさん
カバマダラというのは日本では沖縄方面に生息しているのですか?
毒蝶が日本にもいるなんてびっくりです。
カバマダラも北上しているのでしょうか・・・
  • WAKA
  • 2005/09/24 10:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック





※お知らせ※
一部の過去記事の画像が表示されなくなっています。
画像のデータはほとんど残っておりますが,復旧させるには手作業で1枚ずつ載せていくしかありません。
気が遠くなるような作業で現実には全て復旧させるのは無理です。
もしご覧になりたい画像がありましたら,コメント欄でお知らせいただくか, こちらからご連絡いただければできるだけ表示させたいと思います。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
リンクのないトラックバックは拒否されます。
トラックバックの際はこちらの記事へリンクを張ってくださいますよう,お願い申し上げます。
LINKS


CARNIVOROUS PLANTS PEOPLE
BLOGPEOPLE PEOPLE
BLOGPEOPLE
「はなだより」を登録 by BlogPeople

LIVEDOOR BLOGROLL
PROFILE
ここに掲載している写真・文章等を無断で転載・二次加工などをすることはお断りします。
ご連絡・ご感想はメールにてお願いします。
→メールフォーム