<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

蝋梅

ロウバイ

ロウバイ
蝋梅(ロウバイ)
Chimonanthus praecox
唐梅(トウバイ・カラウメ)
ロウバイ科
落葉低木

都立神代植物公園でいい香りを漂わせていたロウバイです。
うめ園の中で咲いていましたが,ウメはバラ科サクラ属で,ロウバイはロウバイ科ロウバイ属と違う科に属します。
ロウバイは中央部が紫の花で,とてもいい香りがします。
名前の由来は花色が蜜蝋のようだということや,旧暦の12月を蝋月といい,その時期に咲くことから名前がついたなどとする説があります。


素心蝋梅(ソシンロウバイ)
Chimonanthus praecox f. concolor
ロウバイ科
中国原産
落葉低木

花の中心まで花弁と同じ色のものはソシンロウバイです。
花の大きさはソシンロウバイのほうが少し大きいです。
全体が同色のせいかこちらのほうがますます蝋細工のように思えます。
どちらも香りのよさは変わりません。

(都立神代植物公園にて)

コメント
 ロウバイっすかー (´・ω・`) 最初、『老梅』って書くのかとばっかり思ってました。いざ行ってみて、実物を見てみると、『なるほどなー』て感じです。 ロウ細工みたいでしたね。 イロイロな所で見かけます。 写真を撮るようになってから覚えた、冬の終わりの代表的な花です。
◇結菜さん
私も花の写真を撮るようになって覚えた花は多いです。
ロウバイは花の少ない時期に咲くので春近しと嬉しくなる花ですね。
  • WAKA
  • 2008/02/14 12:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック





※お知らせ※
一部の過去記事の画像が表示されなくなっています。
画像のデータはほとんど残っておりますが,復旧させるには手作業で1枚ずつ載せていくしかありません。
気が遠くなるような作業で現実には全て復旧させるのは無理です。
もしご覧になりたい画像がありましたら,コメント欄でお知らせいただくか, こちらからご連絡いただければできるだけ表示させたいと思います。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
リンクのないトラックバックは拒否されます。
トラックバックの際はこちらの記事へリンクを張ってくださいますよう,お願い申し上げます。
LINKS


CARNIVOROUS PLANTS PEOPLE
BLOGPEOPLE PEOPLE
BLOGPEOPLE
「はなだより」を登録 by BlogPeople

LIVEDOOR BLOGROLL
PROFILE
ここに掲載している写真・文章等を無断で転載・二次加工などをすることはお断りします。
ご連絡・ご感想はメールにてお願いします。
→メールフォーム