<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

クロタラリアとウラナミシジミ2

ウラナミシジミの卵をアップで撮影してみました。
ウラナミシジミの卵

ほんのり水色がかった白い卵です。
よく見るとかなり多くの卵が産み付けられています。
これらが全部孵化したらどうなるのだろうと心配になるほどです。
周囲を探してみましたが孵化した幼虫は見つかりませんでした。
これから幼虫探しの日が続きます。

コメント
ナルホド、最近、よく飛んでるのはシジミチョウなのね。
で、卵を産みに来てるのかな。チビドリ(イチモンジセセリ)だって、目的は同じよね。卵を見たことがないってのは小さいからかな、多分。
えっと、アゲハチョウの卵なら平気なんだけど、以前、実生のミカンの木があって(鉢だけど)バンバン産んでたから。
何年か前にブロッコリーのロマネスコをプランターで育てていたら、モンシロチョウが卵を産んでて、つんと立ったその形状に、ゾゾゾッときて,ロマネスコ栽培を断念したのでありました。アゲハは平気なんだけどなぁぁぁ。
で、幼虫は見つけたら観察するんでしょうか?
  • ヒロコ
  • 2009/11/02 9:46 PM
◇ヒロコさん
チョウは食草に産卵します。
アゲハはミカン科,モンシロチョウはアブラナ科という具合で,このウラナミシジミはマメ科を食草としています。
調べてみるとイチモンジセセリはイネ科が食草だそうです。
ということは単に蜜を吸いに来ていたのかもしれませんね。
アゲハの幼虫は愛嬌がありますね。
モンシロチョウのはモロ芋虫ですもんね。
買ってきた野菜の中にいるのを見つけるとたじろぎますね。無農薬でいいことなんですけど。
ウラナミシジミの幼虫を見つけたらもちろん(ここ太字)観察します。
自然の中で観察するのでどこでどうなるかはわかりませんけど。
  • WAKA
  • 2009/11/02 11:13 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック





※お知らせ※
一部の過去記事の画像が表示されなくなっています。
画像のデータはほとんど残っておりますが,復旧させるには手作業で1枚ずつ載せていくしかありません。
気が遠くなるような作業で現実には全て復旧させるのは無理です。
もしご覧になりたい画像がありましたら,コメント欄でお知らせいただくか, こちらからご連絡いただければできるだけ表示させたいと思います。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
リンクのないトラックバックは拒否されます。
トラックバックの際はこちらの記事へリンクを張ってくださいますよう,お願い申し上げます。
LINKS


CARNIVOROUS PLANTS PEOPLE
BLOGPEOPLE PEOPLE
BLOGPEOPLE
「はなだより」を登録 by BlogPeople

LIVEDOOR BLOGROLL
PROFILE
ここに掲載している写真・文章等を無断で転載・二次加工などをすることはお断りします。
ご連絡・ご感想はメールにてお願いします。
→メールフォーム