<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

ピグミーモウセンゴケのムカゴ63

クロステロスティグマ
ドロセラ クロステロスティグマ 《1》
Drosera closterostigma

親株の根元で発芽したこぼれムカゴは,このまま育てると用土が古いので根詰まりなどの問題が起きるかもしれないというご指摘をいただき,小さいうちに新しい用土に植え替えることにしました。
植え付け用土は山野草の土に軽石を混ぜたものの上に根が活着しやすいようにピートモスを敷きました。
移植するためにデザートについていたプラスチックのスプーンで周囲の用土ごと掘り出しました。
新しい用土に丁寧に植えつけます。

ディクロセパラ エノデス

ディクロセパラ エノデス
ドロセラ ディクロセパラ エノデス 《1》
Drosera dichrosepala subsp. enodes

ディクロセパラ エノデスの根はかなり伸びています。
発芽してまだそれほど日が経っていないのにこの成長ぶりには驚くばかりです。
大きくなってからは移植できないというのがよくわかります。
ムカゴを植えると水遣りなどでムカゴが動いて鉢の隅で育ってしまうことなどがありますが,発芽したものを植えると鉢の中でバランスよく配置できる利点があります。
しかし本来は移植しないほうがいいのでこぼれムカゴを作らないよう,ムカゴ採りはまめにやったほうがよさそうです。

ドロセラ
Drosera
モウセンゴケ科 モウセンゴケ属
多年草

ピグミーモウセンゴケのムカゴ
2007年          
2008年 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 
2009年 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58
2010年 59 60 61 62 

コメント
早速植え替えましたか。(^^ゞ

まあ、砂利系ばかりの用土だと中々目詰まりし難いんですが、やはり新しい用土のほうが良いでしょうね。

ピブミーはこの根を切ると切られた根はそこで死んでしまうので、新しく根が出ないといけないので、中々植替えしにくいんです。
  • 大阪屋
  • 2010/03/11 8:47 PM
◇大阪屋さん
はい,時間があったので早めに作業してしまいました。
もうだいぶ根が伸びているものがあってビックリです。
始めのうちは育つか心配で触ることはありませんでしたが,慣れてきていろいろいじってみると本当に勉強になりますね。
  • WAKA
  • 2010/03/11 11:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック





※お知らせ※
一部の過去記事の画像が表示されなくなっています。
画像のデータはほとんど残っておりますが,復旧させるには手作業で1枚ずつ載せていくしかありません。
気が遠くなるような作業で現実には全て復旧させるのは無理です。
もしご覧になりたい画像がありましたら,コメント欄でお知らせいただくか, こちらからご連絡いただければできるだけ表示させたいと思います。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
リンクのないトラックバックは拒否されます。
トラックバックの際はこちらの記事へリンクを張ってくださいますよう,お願い申し上げます。
LINKS


CARNIVOROUS PLANTS PEOPLE
BLOGPEOPLE PEOPLE
BLOGPEOPLE
「はなだより」を登録 by BlogPeople

LIVEDOOR BLOGROLL
PROFILE
ここに掲載している写真・文章等を無断で転載・二次加工などをすることはお断りします。
ご連絡・ご感想はメールにてお願いします。
→メールフォーム